2007年04月14日

痩せれば美しくなるという幻想

【勿忘草】ダイエット番組を太らせた真犯人という記事より。
「こんなにふくよかだったっけ」。私が子供のころの、つまり80年代頃のアイドルや女優の映像や写真をたまたま目にすると、そのふっくらした顔や体付きに驚くことがある。今でもテレビや映画に出続けている人なら、当時に比べてずいぶんやせたはずだ。
たしかにそうですね。
昔のアイドルは今のアイドルほど痩せていませんでした。
松田聖子や中森明菜はまだ痩せていた方ですが、河合奈保子や柏原よしえはかなりぽっちゃりしていたと思います。
なぜか世の中は「痩せる=美しい」という方向へ進んでいきました。
まあそのほうが、お金が儲かるからなんでしょうけど。
そのままでいいってことになったら、お金使いませんものね。

そういう意味ではセルライトもそうなのかなあなんて思ったりしますが、食生活の欧米化とともに日本人にはそれまで見られなかったセルライトもやってきたみたいです。
現代の子供ってものすごく手足が長くびっくりしてしまいますけど、あれは肉食のせいらしいですね。
魚だと胴がのびてずんぐりむっくりになるんだとか。
でもそのかわり、セルライトを背負うようになってしまいましたね。
仕方のないことかもしれません。
得るものもあれば、失うものも必ずあるのですから。

★Recommend
セルライト除去.com
posted by ぴーひょろ at 02:47| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。